自分でやります、はい。

売ってなければ作ってみる。うまくいかなきゃもう一度。興味があればやってみる。そんな人間の記録ブログ。

救命講習・午前の部〜ほぼ筋トレ〜

doitmyself.hatenablog.com

 

そういうことです、はい(手抜き)。

 

講習は9:00〜17:00、12:00〜13:00は昼食休憩。

市内3ヶ所でそれぞれ日にちや時間が決められており、私は幸運にも自転車で5分ほどのところで受講できた。

受付でもらう用紙に記入をし、テキストが入った袋を受け取って会場へ。

よくある会議室ぐらいの広さの前半分にパイプ椅子が並べられ、どんどん座っていく。

Tさんは既に着席していたが、ペアを組むのは来場順(男女別)らしく、卓球かバドミントンかそんな感じのウエアを着た女性とペアを組むことに。

 

午前の部

抜けがあったらごめんなさいね〜。

 

とりあえずテキストに沿って説明を受ける。

説明してくださってる方は……救急救命士や消防士のOBさん?誰?!肩書不明。

 

午前一発目の講師はテキストを一字一句間違わずに読み上げていき、必要に応じて具体例を出し、関連ページに飛び、とても効率のよい説明が続いた。

隣りに座っているペアの女性、説明にいちいち「うんうん」「ああ」「へえ」と声に出して相槌をうつタイプの変わった人。

始めこそ周りはギョッとしていたけれど、慣れてくると次にどういう相槌が出てくるのか、頭のなかで推測して当たりハズレで遊ぶようになったのは私です。

 

一段高くなった教壇的な台に直接座り込んで説明をしてくれたのだが、ふいと気づいてしまって笑いを堪えるのに必死になった。 

救命講習に使うマネキン(上半身)をテーブル代わりにして説明してたから。

なんか、冷静になるとものすごくどうでもいいことなんだけど、救命の勉強を真面目にやってる時間に見るとどうにもこうにもおかしくてダメだった。

狙ってるのかとさえ思った。

 

救命における住民の役割や、一次救命つまり心肺蘇生とAEDを一秒でも早く始めなければならない理由とか、そもそも心停止という事態を避けるためその前兆を知るだとか、心停止が起こりうる場面、子どもの場合の危険性などなど。

続きを読む

上級救命講習を受けてきたよ

横浜市消防局が開催している「救命講習」というものがある。

結構幅広い年齢の希望者が参加できるもの。

半日で終わる普通救命講習は、成人救命のものと小児救命の二種類がある(はず)。

丸一日かけての上級救命講習は、成人・小児救急と搬送や応急処置なども学べる。

 

もう現役は引退したものの横浜市消防局で定年まで勤務していた父に相談したところ、

「どうせやるなら上級」

と言われたので上級講習を申し込んだ。

講習料は1500円と格安。

ゆうちょ銀行への振込だが、ネットバンキング使用者なので楽ちん。

 

受講動機は少年野球

 

少年野球で部員が負う怪我は主に骨折、捻挫、切り傷など。

命にかかわるような大怪我というのはあまり想定していなかった。

実際、長男は5年間少年野球を続けているが、部員が骨折したのが1回、捻挫は数知れずかもしれないけれど。

入部時には「スポーツ保険」に加入するので怪我による通院費や入院・手術費用の保障がある。

勿論「死亡保障」なんていう縁起でもないものもあるわけだ。

 

少年野球で死亡?熱中症とか?

 

実はものすごく稀なケースではあるけれど「心臓震盪(しんぞうしんとう)」での死亡ケースがあるという。

球速60キロというさして早くもない球が、心臓の拍動のある一瞬に、ある一点に直撃したときに起こるらしい。

稀なケースではあるけれど、それに見舞われてしまえば命が危ない。

心臓が痙攣を起こして血液を送り出せず、脳は虚血状態となる。

放っておけば後遺症が残るし、何もしなければ死に直結。

 

処置が早ければ命が助かる可能性があがる。

でも救急車を待っていてはダメ。

心臓の痙攣や心停止に関しては「今、そこで、すぐに」が大切。

 

救急救命士でも消防しても看護師でも医者でもない私たちにできることはAEDの使用と心肺蘇生だ。

 

そこで、ちょうどスポーツ保険の係を務めていたことやチーム唯一の医療技術者ということもあって、心臓震盪とはなんなのか、起きた場合に周囲はどういう行動をとったらいいのか、調べて印刷をして野球チームの総会で配布した。

運転免許をとる際に救命講習を受けたが、小児の救命なんて知らない。

大人と同じでいいの?とか疑問は尽きなくて、調べまくった。

主な練習場所ごとのAEDの設置場所も記載した。

 

さっさと総会を終わらせて飲み会に移行したい空気の中で説明をしたが、これが案外好評で。

ちょうどチームのホームページを作った(これも私)ばかりのタイミングだったのだが、とあるコーチが言った。

 

AEDの講習受けた人がいますよ、とかホームページに書いてあると安心感増しますよね」

 

確かに、お隣のチームは「監督の車に常時AEDを積んでいます」とホームページに書いていた。

使えるのかどうかは知らないけれど。

AEDをの設置箇所が増えている現在、チームでAEDを持っている必要はないかもしれないけれど、いざという時に正しい安全な方法で使用できる人がいるのはとても強みなのではないかと。

 

そこで、チーム運営に積極的に参加しているもう一人の保護者Tさんとともに、救命講習を受けることにした。

 

講習費用のでどころは

 

心臓震盪のことを知らなければきっと講習を受けることはなかった。

少年野球チームに子どもをいれていなければ講習を受けることはなかった。

それゆえに当初、講習の参加費は部費から出すべきなのかと考えたが……。

 

部のために講習を受けるのか?

勿論、子どもたちの命を救いたいけれど、街中で緊急事態に遭遇したとしても積極的に救命処置をしたい。

それに、部費で講習を受けることで「チームのために受けた」と思われてしまう上に、いざという時残念ながら……ということになった場合にものすごく、ものすごく自分を責めそうな気がした。

 

というわけでTさんともお話をして、自腹で講習を受けることに。

消防署長の印入りの修了証が交付され、名前が登録されるが、ホームページには名前は出さず、講習修了者が二名在籍しているということだけ記載することにした。

 

実際の講習に関しては次回ということで……。

骨折した次男の入浴用カバーを100円で

試行錯誤は続く

骨折をした次男の三角巾代わりとなるアームホルダーを作ったのは前回のエントリー。

 

doitmyself.hatenablog.com

 

その冒頭で触れた通り、ギプスをしている間はギプスを濡らさないようにしなければならない。

というより、まだ閉じきっていない傷口に水が触れることで感染を引き起こす危険が増すからだろう。

なので、傷口が塞がってしまえばある程度は……と思うけれど。

 

病院の看護師さん談。

「ゴミ袋で腕を覆って、ギプスの上あたりをビニールテープで巻いてしばる。そしてゴミ袋の口を折り返して、もう一度ビニールテープでしばる」

こうすると水がほとんど入らないらしい。

にしても、ビニールテープか……。

めんどくせーなー……。

巻いたり外したりがまことに面倒くさい。

 

入院する前の入浴方法

入院前はゴミ袋を使っていた。

まず二の腕のギプスの上にタオルを巻いて輪ゴムで固定。

ゴミ袋をタオルの上まで被せて、そこをまた輪ゴムで固定。

ゴミ袋の口をひっくりかえして輪ゴムで固定。

 

もし水が入っても、フェイスタオルがある程度吸収してくれる。

 

気に入らないのは「ゴミ袋」

小学二年生の腕って結構長い。

35Lのゴミ袋では丈が足りず、40Lのゴミ袋を使用していた。

が、ゴミ袋は腕に沿った形をしていないわけで、余った部分が邪魔で邪魔で仕方がない。

それぐらい我慢しろよって言われそうだけど、我慢しない。

 

百均はうろつくに限る

退院全日、バスを待つ間に100円ショップに寄った。

前のエントリーのアームホルダーの材料を見にいったわけだ。

そこでふと、長細いゴミ袋って売ってないだろうか……と考えた。

 

ないね。

あるわけないね。

 

あとは、シャワーキャップがあるならアームキャップもあるかもしれない、とか。

 

ないね。

あるわけないね。

 

でも、救急用品のところに「いざという時の◯◯」みたいなアイディア商品が……。

 

ないね。

骨折するような「いざ」に備えるとしたら保険ぐらいだよね。

 

ん?と目を向けた先。おや?これは?

www.askul.co.jp

画像がなかったんで、ASKULさんのリンクをお借りしますけども(実際はキャンドゥの商品を使ったよ!)。

100均だから勿論100円で、4枚入りのポリエチレンロング手袋。

口にはゴムが入っているもの。

これだよ……。

 

さっそく使ってみた

f:id:saorockcat:20170523133452j:plain

伝える気がないだろう、って言われかねない図。

 

1.輪ゴムを2本、二の腕のあたりまで通す

2.ギプスのすぐ上にタオル(赤いところ)を巻く

→フェイスタオルだとデカすぎたので、ハンドタオル?正方形のね。

3.ハンドタオルを輪ゴムで止める

→止めるっていうか、タオルが落ちないようにするだけでOK

4.手袋を通す

小2でもわりと丈がパツパツ。タオルの上まで出来る限り引き上げておく。

5.短く切った手袋を通し輪ゴムで止める

→だいたい肩から肘の下ぐらいまでの長さになるように切った手袋を4の手袋よりも上に上げ、4の手袋のゴム口よりも更に上で輪ゴムで止める

(図の輪ゴム位置が少し嘘ついてるね)

 

こうすることで短い手袋のゴム→輪ゴム→長い手袋のゴム→タオルという4段構えで戦える。

というかまぁ、思ったより手袋の長さが長くなかったのでね……。

もう1センチか2センチ長かったらもっと助かった。

 

でもでも、100円で事足りてよかった。

ネットでは入浴用のギプスカバーが売ってるんだけど、さすがに1ヶ月のために、ねぇ……。

骨折した子供のアームホルダー作り

次男が腕を骨折した前回のエントリー。

doitmyself.hatenablog.com

 

二泊の入院を経て退院いたしました。

ギプスは約1ヶ月ほどつけたまま、三角巾で腕をつっておくこと。

風呂に入るときはギプスを(患部を)濡らさないこと。

 

看護師さんが「売店に子供用サイズの三角巾があるはずなので1枚買っておくといいかも」というので買いに行くと、いやぁ、どこにもない。

大人用しかない。

まあ、三角巾のサイズなんて適当に変えられるわけだから、買わないことにした。

 

別の看護師さん。

「三角巾だと学校にいってズレだりすると面倒だし、汚れるし。腕をつっておくサポーターがネットで手に入りますよ」

とのこと。

確かに検索してみると、三角巾の代わりになるベルトやらネットやらがヒットしてくる。

退院前、時間つぶしのタリーズで「この形だと腕がズレる」「この部分を支えるものがほしい」などとケチつけていて気づいた。

 

これ、作れるな……。

 

続きを読む

次男、上腕骨外顆骨折

次男、骨折の巻

 
私が同人誌即売会に行っている間、夫と子どもらは夫の実家へ泊まりで出かけていた。
その先で、次男自転車運転中に転倒し、肘を強打したとの連絡。
だいぶ腫れていて冷やしているけれど、触らなければ痛みはないようだとのことで、少し安堵。
きっと打撲、悪くてもヒビ。
GW真っ只中だったこの日、実家付近で受診できる病院はなく、翌日自宅近くの中規模病院を受診することにした。
年中無休で診察してくれるこの病院、整形外科アリ。
ただし、祝祭日は非常勤の医師が担当するらしい。
 
レントゲン撮影を行なった結果「骨折」。
マジかよ……。
左上腕骨外顆骨折との診断で、固定&三角巾の骨折スタイルになった次男
しばらくは固定ですね〜明日常勤医を受診してくださいね〜とのこと。
まあ、近場の病院でよかったわ。
 
なーんて安心してる場合じゃなかった。
 
翌日、常勤医に診てもらった。
「手術をしたほうがいいですね」
……マジかよ……。
待って、本人痛がってないけど?確かに折れてるだろうけど勝手にくっつくよね?
ほら一昨年少年野球の6年生が合宿で骨折したけど入院しなかったし?
 
「この子の場合、骨折した部分の骨と骨が2.5-3mmぐらいズレてます。だいたい2mm越えると手術をした方がいい」
 
ほほう……マジかよ。
確かにこのまま固定をしていれば骨はくっつく。
でも、成長段階にある次男の骨は治る過程で「過形成」(骨が育ちすぎる)を起こし、腕の可動域が狭まったり腕が曲がったりする可能性がなきにしもあらず。
まだ小学2年だからこそ、これからを考えれば手術以外の選択肢はなかったわけで。
 

舞台「Y`e-夜-」を観に行った

完成披露試写会でもないかぎり、映画はチケット争奪戦なんてない。

だから観たいなと思ったら気軽に、時間さえあれば観に行ける。

一時期、単館上映系の映画にハマって、仕事(当時川崎)帰りに渋谷まで出て映画を観て帰るということをしていた。

満員にでもならない限り、映画を逃すことはない。

 

ここ数年、舞台の話をよく耳にするようになった。

演劇も、ミュージカルもそう。

アニメを舞台化する「2.5次元」と言われる舞台も最近は凄く増えている。

原作→アニメ→映画・舞台、みたいな流れで我々は限りある資金をむしり取られることになる。

ええ構いません私はATMです。

 

昨年、知人がとある漫画(アニメ)の舞台のチケット争奪戦を勝ち抜いた。

私は端っから戦いに挑まず、周囲の感想を聞くだけで満足じゃ〜と思っていたけれど、その知人が連番の1枚を譲ってくれたので、池袋のサンシャイン劇場に足を運んだ。

単純な言い方をすれば、ナマの演技とその緊張感っていいなって。

演じている方々の緊張感は勿論のこと、観客も同じように緊張で張り詰めている。

その空気がなんとも言えず新鮮で、映画にはない高揚感をもたらしたなとは思っている。

 

そして先日、とある舞台を観に行った。

舞台の情報を見て「うわ、これは観たい」ってザワザワして、チケット発売情報を確認して。

公演回数が少ないし、私の生活時間帯的に行ける公演が限られてしまっているので、まぁダメ元で申し込んでみた。

それが当たったんだよね。

公演当日が誕生日の知人と二人、東京芸術劇場に行った。

 

舞台「Yè -夜-

http://www.zuu24.com/ye-yoru/

 

続きを読む

Office2016 for MacのWordにおけるバグをご存知ですか

知りませんよね、知りませんよね。

だって公開されてないんだから。

 

Office導入の経緯

私のMacにはOfficeが入っていませんでした。

趣味で小説本を出してるんですが、執筆にあたって「文章校正」機能がほしかったんですね。

いちいちWindowsでファイルを開いて校正してMacに戻して、っていうのが面倒だった。

それと、今まではフリーのエディタを使って段組みからpdf化までやっていたのですが、頻繁に動きが悪くなったり、OSアプデ後に禁則処理(「、」や「っ」などが文頭に来ないように指定する)が効かなくなってしまって。

 

執筆自体はエディタが軽快だし、PCとスマホ間でシームレスに執筆できるので、Wordは必要ありません。

が、本として形を整える際、どうせなら禁則は当たり前のようにできてpdf化も校正もできるWordが使えたらなと思いまして、Office2016を購入するに至りました(DL版です)。

 

Word for Mac2016のバグ発見

恐らくですが、一般的な書類作成をしているだけではぶつからないバグなんですよ。

そもそも「バグ」だという認識はこの時点ではありませんでした。

 

設定としては小説文章ですので縦書き設定。

二段組だったり、文庫サイズなら一段で整えます。

句読点や小書き文字、──や三点リーダーが意図しない位置にこないように、必ず禁則処理を行います。

どのソフトであっても大体設定は同じで、デフォルト、高レベル、ユーザー設定があります。

私は高レベルかユーザー設定を使用することが多いですね。

 

で、組み上がった文章を見て、「あれ」と。

句読点は禁則処理されているけれど、小書き文字「っ」「ゃ」なんかはおもっきし文頭にきてる。

設定を確認したけれど高レベル設定であれば小書き文字は文頭に来ないはずだし、念のためユーザー設定に組み込んでみたけれどやっぱり禁則処理されない。

 

まぁね、大体Google先生に訊けば解決するんですよこういうのは。

 

ない。

情報皆無。

同じく2016MacのPower Pointで禁則処理が効かないというトピックはいくつも見かけましたが、Wordに関してはひとつも見当たらず。

だったら私の設定のどこかがおかしいのであろうと思って色々といじってみましたが解決せず。

締切が近かったので、Word2011をインストールしてそちらを使って原稿を仕上げました。

2011は問題なく禁則処理が行えます。

 

続きを読む