読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でやります、はい。

売ってなければ作ってみる。うまくいかなきゃもう一度。興味があればやってみる。そんな人間の記録ブログ。

一眼レフ初心者目線でK-rとK-50の見た目を比較してみたよ

一眼レフ

一眼レフカメラを買い換えるという年初の目標を達成したことは以下の記事に長々と書きました。

PENTAXにこだわる貧しい理由とK-50に決めた安易な理由も載っておりますので、ぜひ参考になさらないでください。

 

doitmyself.hatenablog.com

比べてみよう、K-r vs K-50(見た目)

約2年間可愛がってまいりましたK-rと、養子として受け入れましたK-50の外観を比較してみます。

正直申し上げまして「だから何だよ」という比較でございます。

 

*正面から

 

f:id:saorockcat:20170110111125j:plain

 

左がK-r、右がK-50でございます(画像が回転してしまうので後で修正いたします)。

パッと見てひと回り、までではございませんが少しだけK-50の方が大きくなっております。

手ぶれ補正機種である印「SR」の文字色は、赤地にシルバー文字だったものがシルバー文字のみになりました。

頭の部分のトンガリ屋根が、K-50では控え目ですね。

個人的にはK-rの「攻めの姿勢」が好みでした。

 

*上から

f:id:saorockcat:20170108103615j:image

形状の大きな変化としては、グリップの大きさではないでしょうか。

K-50の方が大きい、つまり握りやすくなっておりますね。

設定ダイヤルに印字されています文字は、K-50の方がスッキリしております。

ダイヤルに描かれたイラストの見た目で直感的に設定が選べるK-rですが、K-50ではそれがなくなっております。

私はシーンモードなどは使用していませんので、支障ございません。

K-50ではバルブ、U1、U2、TAvが付加されておりますね。

TAvは非常に使い勝手が良いとの記事を読みましたので、楽しみでございます。

また、K-50にはシャッターボタンの手前にダイヤルがひとつ増えております。

これもまた大きな違いです。

これを使用頻度の高い機能に割り当てることで使い易さが格段に上がるということでした。

続きを読む

PENTAXの一眼レフって安いけど新品買えない

一眼レフ

前回の記事で、新しい一眼レフカメラを買う、という2017年の目標をワールドワイドウェブ上で発表しました。

doitmyself.hatenablog.com

 

安いぞ中古カメラ

ワールドワイドウェブに個人的な目標を流してしまいましたので、実行に移すしかございません。

数日前からマッ◯カメラの中古K-50ボディを狙っておりましたので、サクッと購入いたしました。

f:id:saorockcat:20170107160126p:image

(公式画像)

 

一眼レフカメラボディにしては格安ですので、悩んだのは店舗独自の安心サービスをつけるか否かといった点。

つけたとしても900円弱ですので、予算の範囲内に収まることもあり、つけることにいたしました。

PENTAX K-50ボディ ブラック 中古美品で各種補償をつけてお値段は3万円弱

 

なぜPENTAXなのか

 

一眼レフカメラの知名度が高いメーカーとしてはN社やC社がございます。

先日、カメラのキ◯ムラに中古カメラを物色しに行きましたところ、対応してくださった男性店員に言われました。

「これからを考えるとC社かN社

PENTAXマニアックな人が好む、ウチの店員にもひとりいる」

「大きなカメラは女性にはしっくりこない、ミラーレスの方がいい

「黒はいかつい、女性には合わない

ウチの嫁も結局ミラーレス」

ウチの嫁にカメラを持っててもらうと重いと言われる」

ゲリラ豪雨に遭った時にとカメラを持っていて」

が」

も」

 

嫁とカメラどっちが大事なの💢

違う、そうじゃなくて。

PENTAXが欲しくてPENTAX指名で買いにきてる客に対し別メーカーを激プッシュ(気持ちはわかる)し、Kマウントのレンズを数本持っていると言っているのにミラーレスを勧め、黒くて大きなボディの一眼は女性向きではないと女性に向かって言い切る。

凄いですね、ただひたすらに凄い方だなぁと感じました。

凄くお世話になりたくない方でした。

 

一眼レフカメラに触れる切っ掛けとなったのは、少年野球の卒部生に贈る記念アルバムの写真集めでした。

一眼レフでの写真撮影がお好きなコーチがいらっしゃるのですが、お忙しくてなかなか練習に参加できず、卒部生最後の大会にも来られないとのこと。

アルバムの係になった私が「よっしゃコーチに負けないいい写真とってやる」と心に誓い、父親からPENTAX K-5を借りることにしたのです。

 

撮影を終え、思いました。

「ストラップのロゴ、可愛いな……」

「オデコのロゴ、可愛いな……」

PENTAX買っとけば使わなくなったレンズまわってくんじゃね?」

「つーかK-5が私にまわってくることを踏まえてKマウントのレンズ買っとく?」

 

かーうー!

買っちゃうー!

まだ下手くそだから中古でいいからガンガン撮れるの買っちゃうー!

 

PENTAXの色出しが特別に好みだとか、そういったハイレベルな理由ではございません。

ここまでお読みくださった皆様ありがとうございました。

 

1台目がPENTAX K-r、ボディのみ購入して望遠レンズを別途2本購入しております。

K-rは単三電池が使用できる機種ですので電池のアダプターも購入し、リモコンも手に入れました。

 

みなまで言うな、次もPENTAXじゃ。

 

どうしてK-50なのか

 

続きを読む

2017年にやりたいことを手帳に書いた結果感じたこと

感じたこと

今週のお題「2017年にやりたいこと」

f:id:saorockcat:20170105155258j:plain

 

はてなブログへの投稿はこれが初めてですね。

新年でちょうどいいんじゃないの?といった感じでサクッとアカウントを取得いたしました。

まともなブログを書きたいとずっと思っておりまして、世の中的にWord Pressがかっこいいんじゃね?とか思いながら足踏みしておりまして。

まともじゃないブログなら書いてるとか、そういうことは別に……。

 

まあいいや。

 

やりたいことは山ほどなかった

 

昨日、仕事の帰りに駅ナカにあるタ◯ーズに立ち寄りました。

2017年の目標を書くために!

そのためだけにアイスカフェオレ・ラージサイズ!

 

今年はバレットジャーナル形式の手帳(というかノート)を使っております。

バレットジャーナルに関しましてはこちらの記事が非常に分かりやすいのではないでしょうか。

muyatan.hatenablog.com

 手帳の最終ページに「2017年やりたいこと」をズラリと書き連ねてみました。

目標は100個だったのですが、今のところ35個。

全然足りてないじゃん。

書けば書くだけ出てくる、100個なんて全然足りん!と鼻息荒く書き始めたというのにこのザマか。

山ほどはありませんでした。丘ほどでもございません。小ぶりのご飯茶碗一杯分としておきます。

 

やりたいことを簡潔に述べてはいけない

 やりたいことを挙げていくのに際して自分なりのルールがございます。

それは「可能な限り具体的に挙げる」ことです。

例えばですが……

 

「新しいカメラを買う」

これですね。

アホか。写ルンですでも買ってこい。念写でもしてろ。

↓↓

「新しい一眼レフカメラを買う PENTAX K-50 条件は防滴・単三電池駆動」

ほらほら、こんな文章を見た方々は「何だそんなものが欲しかったのか、オジサンが買ってあげようね」ってお思いになりますよね、そうですよね。

 

「手帳を使いよくする」

ほぼ◯手帳でも買っとけ今すぐにLOFTへGO。

↓↓

「Pat-miのパクリ手帳を完成させる」

ほーらほらほら、自ずとやることが見えてくるではありませんか!

まずは店頭でPat-miを眺め、触り、自分が求める条件にはなにが不足しているのかを考える。

 

前に踏み出す足の微妙な角度まで書き留めておかなければ意味が無いのだと考えております。

 

やりたいことをひとまとめにしてはいけない

 

「カメラがうまくなりたい」

七夕の短冊に書くならまだしも、自分しか見ない手帳です。

ここは貪欲に、そして自分の能力を8割増ほどに見積もって書くのです。

↓↓

「少年野球の決定的瞬間を切り取る」

過信しすぎです。しかしこれぐらいが丁度よい。

決定的瞬間を切り取るためには、決定的ではない瞬間も狙っておかなければなりません。

いつ何が決定的瞬間に切り替わるか分かりません。

そしてできるだけ頻繁にカメラを持ち歩かなければなりません。

グローブとカメラはワンセット、といった考え方でありたいと思うわけです。

 

「やりたいこと」の中にある写真関係の目標をひとまとめにしてしまえば「いい写真がとれるようになる」となりますし、ハンドメイド関連をひとまとめにすれば「何でも自作する」となります。

でも、きっとそれでは今年の年末に「何でもってなんだ、オタマトーンも手作りしたか?」ですとか「私にとってはいまいちな写真だけど周囲が褒めてくれたのはきっと憐れみなんだウッウッ……」ですとか、非常にネガティブな総括タイムとなるに違いありません。

【Otamatone | オタマトーン】さわってカンタン電子楽器 | 明和電機

 

時々読み返すことも忘れない

 

現在35個ある「やりたいこと」ですが、今後書き足していくつもりです。

目標は年頭に決めなければならないなどということはございません。

こうしたい、こうなりたいと思ったときにその思いは目標となります。

そして時々リストを読み返し、具体的な進捗状況を管理したほうがよさそうなものであれば(資格取得の勉強など)進捗管理を始めてもよろしいと思いますし、既に達成した目標に関しましては何か印をつけたりすると、非常に幼い承認欲求を自分で満たすことができます。

そんな欲求を持っているのはきっと私だけ。

 

*月の写真。

PENTAX k-rで撮影。まだまだ初心者がネットを頼りに設定をして撮った感丸出しですが、戒めとして貼っておきます。