読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分でやります、はい。

売ってなければ作ってみる。うまくいかなきゃもう一度。興味があればやってみる。そんな人間の記録ブログ。

Pat-miにひれ伏すパクリミー弐号機

手帳 バレットジャーナル ハンドメイド 文房具

Pat-miに惚れ込んで作ったパクリミー

名前に捻りが見られない「パクリミー」

半月ぐらいは使ってみましたが、やはり気になる点がちらほら。

ということは前回の記事に書きました。

doitmyself.hatenablog.com

B7サイズ(見開きB6だけど)に切り貼りするとスペース効率が悪い。ロスがでる。

パクリミーだとコピー用紙数枚を貼り付けていくのでノートが膨らみすぎる

終わった週の分は切って捨てちゃえばいいのかも、とは思ったんですが、翌年に見返したりするんですよね今までの経験上

だから切り取りたくない。

 

サイズはB6あれば充分で、めくった紙が邪魔にならないで欲しい

上にめくって後ろに折り返すリングノートみたいなものならいいのかも?

と思ってB6サイズのリングノート(短辺がリングになっているもの)を探したんですが、これがねえ、なかなか見つからなかったんですよ。

 

ちょっと待って、もしかして

待てよ、ねえ、上にめくる必要ある?

上じゃなくてもいいんじゃないの?

要は、必要なくなったページを除けることができればいいんでしょ?

フツーのノートでいいんじゃないの?

 

 もうノートでいいじゃん

終わった週は、上にめくるのではなく左にめくる

普通のノートの形式でいいじゃないか。

B6ノート見開きだから実質B5になっちゃうけど、左のページは裏側に折り返してしまえばいいじゃないか。

そうと決まればB6ノート探しの旅ですぜ、へへへ。

ここが一番たのしいよね!

 

リングノートに行き着いたワケ

ノートならなんだってイイよね!

東急◯ンズでB6ノートを手にとって(ただし方眼)、ここに週間、ここに月間、1枚めくって……。

おい、ちょっと待て、待つんだお前、よく見てみろ。

 

ページごとに微妙に方眼のマスがズレていくぞ!

 

方眼ノートって、紙の端っこにピッタリと方眼が収まってることって少ないですよね。

だいたい中途半端なマスが四辺に存在していて。

長辺綴じの一般的な方眼ノートをめくってみると、この中途半端なマスの幅が少しずつズレていくんです。

モノによるとは思いますよ、絶対ズレないものもあるかもしれない。

私が見たB6ノートのほとんどが、ズレます。

大幅にずれるものもありました。

ページをめくり、お隣のページが引っ張られてしまえばズレますよね。

あとは左ページを裏に折り返せばすっかりズレますよね。

 

週間バーティカルと月間ブロックの縦軸が妙にズレてかっこ悪くなるじゃないか!

 

それは避けたい。

紙同士が引っ張られない、裏に折り返してもズレない構造のノート。

 

リングノート最強説

私がチョイスしたのはこちら。

エトランジェ・ディ・コスタリカのB6方眼リングノートです。

f:id:saorockcat:20170110172518j:plain

リングノートなら用紙同士が引っ張られることはありませんし、左ページを裏に折り返しても大丈夫。

リングのアール(丸みですね)のせいで多少の方眼のズレはありますが、用紙自体の方眼印刷にズレはありませんでした。

素晴らしい。

f:id:saorockcat:20170122174956j:plain

何の変哲もない方眼ノートです。

右ページのみに週間バーティカルと週間ブロックを書き込みます。

f:id:saorockcat:20170122175050j:plain

これで1週間分。

これは第4週のものですが、この前後に1〜3週、5週のものを書き込んであります。

ブロックの段数分(今回は方眼3個分)ずらして書いていきましょう。

 

そして、余分なスペースは切り取っていきます。

f:id:saorockcat:20170122175243j:plain

こんな感じでカッターで切り取ります。

リングノートなので、リング部分の切り取り跡が汚くならなくていいですね。

 

そして1ヶ月分が揃うとこうなります。

f:id:saorockcat:20170122175359j:plain

ズレてる?!え?!

こら、そうやってズレてるとかいうと、特定の被り物をした人に失礼でしょ!

いいんです、これぐらいのズレは私とあなたの「わさび・からし」に対する考え方のズレに比べれば可愛いものです。

 

2週めまでめくってみましょう。

f:id:saorockcat:20170122175536j:plain

2週目までは左側に移動し、3週目以降がこのようにして残ります

めくった紙がペラペラと邪魔になることはありません。

 

パクリミー初号機よりも月間ブロックが少し広くなったので、複数の予定が書き込みやすくなりました。

とはいえB6ですので、ブロックには時間情報は書き込まず、予定のみを書き入れることにしました。

仕事は黒、家族は青、プライベートと重要事項は赤のフリクションです。

 

パクリミー弐号機のテンプレート自体はフリクションで書いていませんよ、消えたら困りますので。

  • 細軸:ジェットストリーム0.38(1枚目の画像に写ってるラミサファの中身)
  • 太軸:ぺんてる 筆文字サインペン 黒
  • 赤字:ZEBRA 4C-0.7赤(Platinumの伸縮ボールペン)
  • 青字:ZEBRA JSB-0.4青(ZEBRAの伸縮ボールペン)

 

なかなか使いやすいけどまだ見せられない

これはもうね、Pat-mi考案者の佐久間さんがとにかく素晴らしいと思う

月、週、日、時のシームレスなんて、デジタルでしかできないと思ってたもんね。

 

自作の手帳って使ってる人が少ないし私は字があまり綺麗ではないので、まだ人前で広げてみせるまでには至っていません。

きっとそのうち、そうだな、バンドのスタジオ日程打ち合わせか何かでお披露目することになるかと思います。

手帳は誰かに見せるものじゃなく、自分が自分の人生を把握するものなんだから、汚くたっていいんです。

わかってるんだけどね。

 

とりあえず今年は

  • バレットジャーナルで日々の記録、執筆系管理、締め切り管理、ちょっとした覚書管理
  • パクリミー弐号機で予定管理

という形で進めていこうと思っております。

 

長々とおつきあいありがとうございました!