自分でやります、はい。

売ってなければ作ってみる。うまくいかなきゃもう一度。興味があればやってみる。そんな人間の記録ブログ。

Office2016 for MacのWordにおけるバグをご存知ですか

知りませんよね、知りませんよね。

だって公開されてないんだから。

 

Office導入の経緯

私のMacにはOfficeが入っていませんでした。

趣味で小説本を出してるんですが、執筆にあたって「文章校正」機能がほしかったんですね。

いちいちWindowsでファイルを開いて校正してMacに戻して、っていうのが面倒だった。

それと、今まではフリーのエディタを使って段組みからpdf化までやっていたのですが、頻繁に動きが悪くなったり、OSアプデ後に禁則処理(「、」や「っ」などが文頭に来ないように指定する)が効かなくなってしまって。

 

執筆自体はエディタが軽快だし、PCとスマホ間でシームレスに執筆できるので、Wordは必要ありません。

が、本として形を整える際、どうせなら禁則は当たり前のようにできてpdf化も校正もできるWordが使えたらなと思いまして、Office2016を購入するに至りました(DL版です)。

 

Word for Mac2016のバグ発見

恐らくですが、一般的な書類作成をしているだけではぶつからないバグなんですよ。

そもそも「バグ」だという認識はこの時点ではありませんでした。

 

設定としては小説文章ですので縦書き設定。

二段組だったり、文庫サイズなら一段で整えます。

句読点や小書き文字、──や三点リーダーが意図しない位置にこないように、必ず禁則処理を行います。

どのソフトであっても大体設定は同じで、デフォルト、高レベル、ユーザー設定があります。

私は高レベルかユーザー設定を使用することが多いですね。

 

で、組み上がった文章を見て、「あれ」と。

句読点は禁則処理されているけれど、小書き文字「っ」「ゃ」なんかはおもっきし文頭にきてる。

設定を確認したけれど高レベル設定であれば小書き文字は文頭に来ないはずだし、念のためユーザー設定に組み込んでみたけれどやっぱり禁則処理されない。

 

まぁね、大体Google先生に訊けば解決するんですよこういうのは。

 

ない。

情報皆無。

同じく2016MacのPower Pointで禁則処理が効かないというトピックはいくつも見かけましたが、Wordに関してはひとつも見当たらず。

だったら私の設定のどこかがおかしいのであろうと思って色々といじってみましたが解決せず。

締切が近かったので、Word2011をインストールしてそちらを使って原稿を仕上げました。

2011は問題なく禁則処理が行えます。

 

 必殺・アンサーデスクへ問い合わせ

必殺とか言ってるけど、この件で初めて「アンサーデスク」という部門の存在を知りました。

リアルタイムチャットで質問することができるサービスで、無料です。

 

早速、今回の件に関して訊いてみました。

すると早い段階で、同じOS同じバージョンのWordを使って確認をしてくださいました。

そして……。

 

検証したところ、こちらでもユーザー定義で「っ」を行頭禁則文字に追加しましたが、正常に禁則処理が行われませんでした

現状では、製品の不具合である可能性が高いと思われます」

「対処方法についても探してみましたが、残念ながらみつけることができませんでした

 

あ……マジかよ。

他から同様の報告はなく、私の問い合わせが初めてだとのこと。

 

マイクロソフトコミュニティにトピックス投稿してみると解決策が見つかるかもしれません」

 

投げた〜。

これね、投稿してみたけれど、ついたレスは「高レベル設定にすると禁則処理されるよ」っていうものでした。

うん、私が悪かった。

高レベル設定にしています、って書かなかったのが悪かった。

 

然るべき部署に報告して改善しますとおっしゃったので、こういうバグってどれぐらいの期間があればアップデートされるの?と訊いてみました。

 

「分かりかねます」

 

ですよね〜。

じゃあこのバグが改善されたかどうかはどこで知ることができるの?

パワポでもバグがあるみたいですがそれは?

 

「アップデートの詳細をご覧になっていただくしか」

 

ですよね〜。

アプデしましたよ、とこちらには連絡してもらえないんですかね。

 

個別対応は致しかねます

 

ですよね〜💢

でも、待ちましたよ。

問い合わせが2016年6月頃でした。

それからはずっとWord2011を使っていました。

 

でもね、きっと校正の能力とかその他もろもろ2016のほうがいいに決まってる

 

何より、お金を出して買っているソフト。

Windowsでは当たり前のように使える機能

校正もそうだけど禁則処理も欲しくて買ったソフト。

それが使えないって、どうなのよ、マイクロソフトさんよ……。

 

2度目の問い合わせ

アプデが来る度に確認してましたが、禁則処理に関しての記載は一度もなくて。

大体がクラッシュするうんたら〜とか脆弱性が〜とかですわな。

そりゃ、縦書きの禁則処理ができなくて困る人よりも、クラッシュで困る人のほうが多いんだろうし重大な問題なのは分かります。

でも、禁則のバグはどうなってるんだろうかと、ふと思ったわけです。

 

昨年問い合わせをした旨お伝えしたところ、問い合わせ番号的なものはないか訊かれました。

一応、問い合わせしたときのログは全て取ってあるんだけど、そんな番号の記載はどこにもない。

ついでにいうと、今回の問い合わせが終わった時点でチャット画面を隅から隅まで見てみたけれど、そんな番号は載ってなかったんです。

 

で、本題。以前報告したバグについてどうなっているか。

 

残念ながら改善されていない

 

残念なのは私です。

 

でね、バグの存在確認にすごく時間がかかったんですよ。

そりゃ毎日たくさんの問い合わせがあるんだろうから埋もれてしまうのかもしれないけれど、それにしたって改善対象となっているバグが「存在すら周知されていない」ように感じました。

ちなみにパワポに関するバグも改善されていないらしい

 

周知に関しては仕方がないかもしれないけれど、要求はバグ改善。

もしくはバグ改善に向けて動いているのかを知るすべ

既知のバグをまとめている公式ページなどの存在を訊いてみました。

support.office.com

うーん。

 

有償ソフトの、提供されるべき機能の不具合。

その機能を求めてソフトを買ったユーザーとしては不満でしかない。

2011をDLしたから現状問題はないといえばないけれど、2016でこういった不具合があるとわかっていれば、初めから2016よりも安価な2011を買いますよ。

 

バグを公式サイドから「バグです」として公表するかどうかはサポート窓口が決めることではないのは承知しています。

だけど、じゃあ私が報告したバグがどこにどう伝わっていて今どういう対策がとられているのか。

今後解決する見込みはあるのか。

何もわからないわけです。

 

だったら何度も出てくる「関連部署」というところとお話させていただきたいなと思ってしまう。

ソフトの開発やバグ修正がそう簡単にできるものではない、という点も分かっているつもり。

だからこそ、「修正はできていないけれど修正に向かっている」という現状が見えるようにしてもらえるだけで、マイクロソフトさんの真摯さは伝わるし、改善まで待とうと思える。

 

一番怖いなと思っていること。

次のバージョン(有償アップグレード)で改善されること。

もしそうなったら私はWord2011とともに天寿を全うする。